ページ内を移動するためのリンクです。
本文へ
ナビゲーションへ
サブナビゲーションへ

まねび学園は、伊丹市でSSTメソッドを使って、子供に英語・英会話を教えています。まねびSSTクラブは、SSTの本部です。

児童英語教師養成講座(SSTメソッド)

2013.310 SST児童英語教師養成講座

3_3

  

   

   

  

  

お問合せ:090-8821-5291(直)へ

 

SSTセミナー受講生は2000人突破しました!

              (2016.8現在)

     

   



 

児童英語教育とSSTメソッド(理論編)

一般社会法人・日本児童英語教育振興協会(JAPEC)の児童英語交流情報誌「インタージャッペク」に連載中の記事をもって、しばらくの間、SST児童英語教師養成講座の理論編とさせていただきます。トピックス

shine日本児童英語教育振興協会(JAPEC)


  連載中のテーマは

『"脳に効く英語のシャワー"英語を浴びる・イメージする・発話する』です。

 

SSTメソッドの指導法

1. トントン学習:意味と置換・変換を学習させる

    (Ton-Ton Learning)

2. リスニング・ゲーム :英語を大量にインプットする

(Listening Game

3. ピクチャー・トークショー:英語を英語で(イメージ的に)理解させる

Picture Talk Show)

4. インテンシブ・リスニング:語彙力・動作力・反射力を鍛える


(Intensive Listening)

5. 音読 ・シャドーイング:スピーキングの基礎力を育てる
 

(Reading Aloud & Shadowing)

6. ルックアップ学習(Look up Lesson):中学英語を学び取る方法を持たせる   

1. トントン学習

単語と文の意味、語句の置き換え、文の変換を学習させる

子どもたちが英語のシャワー学習にスムースに入っていけるように、あらかじめ英Dsc_5566_3 語のシャワーの中に散りばめられたキーワードやキーセンテンスの意味を学習させます。

子どもたちはCDを聞いて、該当する絵を順番に指先で軽くトントンとタップしていきます。英語の音と絵を一致させることが意味の学習です。

さらに置き換えや文の変換(平叙文→否定文→疑問文)と発話を促す学習・作業もさせます。

 

                   《使用テキスト「Action English with Tom & Alice」とCD》  upwardright

  

P1010413_3

Syasinn10_2    

Photo_2      

 

 

 

 

 

 

 

 

《トントン学習の組立て》

PART1. Key Words:単語の意味の学習

English - French - Japanese Syasinn11_2

milk  -   beer  -  tea

 

PART2. Substitutions:

文の意味と置換学習

I speak English.

I speak French.

I speak Japanese.

I drink milk.

I drink beer.

I drink tea.

 

PART3. Transformations:文の意味と変換学習(肯定文→否定文→疑問文)

I speak English. - I don't speak French. - Do you speak Japanese?

 

PART4. Expanded Sentences:発展学習 → (「リスニングゲーム」でインプットする)

In America, Tom speaks English.

In France, Tom speaks French.

In Japan ,Tom speaks Japanese.

 

 

Expanded Sentences(発展文)はキーセンテンスを2〜3行の文連続にしたミニ英語のシャワーです。リスニングは主に下のミニ3色カルタによるカルタ取りゲームで行い、さらにLook upテキスト(Action English with Tom and Alice)で音読・シャドーイングとルックアップレッスンで 学び取らせます。▶後述

 


《トントン学習の進め方》

PART1:Silent → Repeat

PART2:Silent → Repeat → Gesture → Listen up → Oral response

PART3:Silent → Repeat → Gesture → Pair Q&A

 

★ Silent:だまって「トントン学習」する(英語を聞き、該当する絵を指先でタップする)

 

★ Repeat:英語まねて言いながら「トントン学習」する(shadowing)

 

★ Gesture:英語に合わせてジェスチャーしながら「トントン学習」する(絵を参考に)

 

★ Oral response:英語を聞いて短く口頭で反応しながら「トントン学習」する【発話を促す】
  ※Me too ton-ton とも呼ぶ

  ※子どもたちの口頭反応

  "Me too." / "Not me".

  "Always." / "Sometimes". / "Never"....

 

★ Listen-up:英語を聞いて日常よくする行為のところで手をあげる【発話を促す】

 

★ Pair Q&A:ペアを組み交互に聞く・答える【発話を促す】

  ※「communicative way」とも呼ぶ

  ※子どもたちの口頭反応
 "Always." / "Sometimes". / "Never"....

 

 

"Say Hello!"「トントン学習」オプション教材

  B5テキスト(表紙=赤)      
    内容 =ABC+数+挨拶+基本文+動物+自己紹介               
   CD〈MSC-006〉

Img296

 

2. リスニング・ゲーム

大量にインプットする

 

英語のシャワー「リスニングゲーム」を通して、子どもたちに大量の英語をインプットします。子どもたちは繰り返しゲームを楽しんだ結果として、大量の英語に触れることになります。

《使用教材=カルタ/ミニ3色カルタ」/ビンゴカード+チップ+CD》

 

Kurumi_011_2 P1010098_4 P1010162

 

《英語のシャワー 英文例》

Tom and Alice in Japan(Scene)

〈Scene-1〉

These are Tom and Alice.
They are outside.
Tom is cupping his hands.
He is saying something.
He is speaking English.
Alice is listening.

〈Scene-2〉

This is Alice.
She is inside.
She is touching her food with her left hand.
She is also using her right hand.
She is holding a glass.
She is drinking milk.
Tom and Alice in Japan

Tom and Alice in Japan(Dialog)Img004_2

〈Dialog-3〉

Tom   : Do you like sports ?
Alice : Yes,  I do.  Do you?
Tom   : I like swimming.
Alice : I play soccer.

〈Dialog-4〉

Tom   : What do you do on Saturday?
Alice : I go to school.
Tom   : That's too bad.
Alice : I'd rather play too.

Tom and Alice in Japan〈Narration〉

〈Narration-5〉

Everyone studies very hard in class.
They all follow along with the text.
Everyone but Tom.
He reads a comic book.

〈Narration-6〉

Alice is from Canada.
She misses her Canadian friends.
Every Sunday she sits at her desk.
And she writes a letter.

Tom and Alice in Japan〈Monologue〉

〈Monologue-7〉Img027

I see one.
Boy, he is big!
This is the pet for me.
There. Got him.
I caught a frog.

〈Monologue-8〉

It should be a great festival.
Alice is going to pull a cart.
I'm in the tug'o war.
I'll pull the rope and win,  I hope.

〈ゲーム名〉 〈ゲームの作業=タスク〉
1.チップオンゲーム
1)Board Game 発泡スチロール製ボードに絵カードを貼って、その上にチップをおく
2)  Bingo Game ビンゴカード(絵カード16枚)の上にチップをおく
2.カルタ取り
4)  Karuta-tori 該当する絵カードを取る(歌留多取り)
5)Turn over Game 絵カードを裏返してカルタ取りする(神経衰弱)
6)Elimination Game 教師が英語を読み上げ、子どもがカルタ取りする
Pick up the cards Tom is happy.
Find the cards Alice is in trouble.
Pick up the cards where you can see English words.
Pick up the cards where Alice is walking
3.その他ゲーム
7)Give away Game 生徒1人10~12枚の絵カードを持つ。英語を聞いて手持ちのカードの中から該当するカードを出していく
8)Guessing Game 答えを推測して当てる(キ=ワード or 文で答える)
appleGuessing Gameで教師が発する英語 の例
I am outside. I am doing a sport.
I am on the pitch. A friend is there with me. I am kicking a ball. What am I playing? (soccer)
9)Quick Draw Game 動物カルタで該当する動物の絵をを描く
4.ゲームのバリエイション
☆ Chip off Game:Chip on Game でおいたチップを逆に取っていく
☆ Echo Listening Game:CDレコーダー2台使用(2~3秒差で再生)
☆ Double Listening Game:同上。但し2つの違うゲームを同時に行なう
☆ カルタやビンゴシートのセット(組/枚)数を増やす( 2、3、4、5セット...)
☆ 机の周りを回転しながらゲームする→"Rotate!"
《留意事項》
a. 入門期はトントン学習やPTS(次頁)で意味の学習を充分に行なってから行う。
b. ゲームの最中に教師はアクションをして子どもたちに理解の手がかりを与える。
c. 力の差が大きいときは運が作用するゲーム(Bingo/Give Away)を多用する。
d. ゲームの順序(子どもたちがわかる順/好む順 )とその割合

《学習量の比率》
Scene(50%)→Dialogue(30%)→Monologue(10%)→Narration(10%)
   

3. ピクチャー・トークショー

 

イメージ的に理解させる

 

ことばは、本来、メッセージを伝えるためにあります。メッセージはイメーImg033_3 ジと感情が結びついたものです。コミュニケーションのためには、その意味を理解しなければなりません。母語の場合、ある状況の中で自分の体験や体感と重ね合わせてことばの意味を理解して覚えていきますが、体験できない教室ではイメージで補います。ピクチャートークショー(PTS)は英語のメッセージの意味内容をイメージ的に理解させる「イメージ技法」です。

★使用教具=ピクチャーカードを使用(表=絵、裏=SSTの英文)

 one Pantomime Picture Talk Show 

(教師が英語に合わせてパントマイムする)

 

 two Basic Picture Talk Show (基本に忠実に場面描写する)

 

教師は絵(PTS )カードを使って紙芝居の要領で行います。まずPTSカードを片手で持って子どもの方に向けます。利き手で指差しするので別の手でPTSカードを支えます。顔の表情が隠れないようにします。英語を日本語に訳さないで、絵や視線、指差し、表情、声色、ジェスチャーを駆使して英語の意味内容を豊かなイメージにのせて伝えます。気持ちをこめ、ゆっくり、はっきりと発音します。
※PTSは普通教師が演技するが、ビデオを視聴させるだけでもいい。

 

《ピクチャートークショーの要領》

 

Img002

Here we have Alice and Tom.  → アリスとトムを順に指差す

They are outside.         → 教室の外を見て、外を指す

It is a sunny but windy day.     → 5本の指でキラキラキラを演じ風が吹く様を演技する

Tom is holding an umbrella.     → トムを指し傘を肩に持つ格好をする

Alice is carrying a bag.       → アリスを指さし、重いバッグを持つ仕草をする

She is a little mad.             →親指と人差し指で「少し」を表現、mad でふくれ顔する

PTSではジェスチャーが大事です。ジェスチャーはイメージを濃厚に反映し、潜在脳(無意識)にアクセスする最良の方法なんpです。イメージ的に理解して覚えたことばは忘れにくく想起も容易になります。

 

《ピクチャートークショーの留意点》

 

1.内容語を押さえる (名詞、動詞、形容詞、副詞などイメージのわくないようのある語を強調する)

2.語順を押さえる(英語は語順が文法の柱)

3.チャンクで理解させる(意味のかたまり/フレーズを押さえる)

4.発音ははっきりと(流暢さより正確さを重視)

 

 three Ad-lib Picture Talk Show ( 教師はアドリブで場面描写する)

 (Detailed PTS=additional descriptive sentence )

Basic PTSから離れて、自在に(アドリブで)絵の場面の状況をさらに詳しく描写していきます。教師は事前に練習しておく必要があります。

1.  I Speak English.
    Tom and Alice are in the city.
    Look at all the tall buildings.
    Tom is calling Alice in a very loud voice.
    Alice sees him.
    She looks happy.
    She is smiling.
    Tom is wearing shorts and a short sleeve shirt.
    It must be a warm day.


2.  I Drink Milk.
    Alice is standing at a counter.
    She is very thirsty.
    She already drank half a glass of milk.
    She has another full carton of milk next to her hamburger.
    She must be hungry too.
    Look at that hamburger.
    It is giant sized.


3.  I Play Soccer.
    Tom is on the soccer pitch.
    He plays on an organized team.
    Look at his official uniform.
    Look at his jersey.
    It says "Tom" on the front.
    Another player is there too.
    He is a goalie.
    Do you think he can stop Tom's shot?

 

 four Dramatic Picture Talk Show (こまやかな演技で場面描写する)

 

 たとえば落語の手法をまねます。教師すべてに落語的な芸が求められるわけImg021_3 ではありませんが、上 下かみしも(左右に顔を向ける)を振ったり、また手拭いや扇子などを小道具がわりに使えば、イメージ技法に深みがでてきます。

 

4. アクティブ〈インテンシブ〉リスニング

語彙力と瞬発力を育てるP1010076_2


 

【学習のねらい】

1) 細部の意味を理解させる

2) 語彙を増やす(聞いたらわかる音声認識を増やす)

3)瞬発力を養う(英語の反射神経を鍛える=リアルタイムに英語に反応する)

※「リスニングゲーム」が全体の意味を理解させるゲームであるのに対して「インテンシブリスニング」は細部の意味や抽象的な意味を理解させるアクティビティである。「リスニングゲーム」では脈絡のなかった英語が「ピクチャートークショー」や「インテンシブリスニング」によって、さらに意味のつながりをもって理解できるようになる。

●「インテンシブリスニング」は「リスニングゲーム」とともに大量インプットのアクティビティである。

●「インテンシブリスニング」では、子どもたちは教師の英語を聞いて、考えて、答える〈聞く→ わかる→ 考える→ 反応する(言う)〉

★使用教具=ミニ・ピクチャートークショーカード(96枚)

★使用教材=テキスト「Action English with Tom & Alice」

   

《インテンシブリスニングの種類と進め方》

Listen & Point・・・・ 教師の英語に子どもたちは〈指で差し〉で応える

・Main Linguistics goal is to improve the students' vocabulary the natural way.

★Please open your yellow textbooks.
We will begin with "Listen and Point".
Point to the objects as you hear them.

Point to the pictures where Tom is smiling.
Point to the pictures where Alice is in trouble.
Point to the pictures where Tom is raising both hands.
Point to the pictures where Tom is raising his left hand.
Point to the pictures where Alice is eating a hamburger.
Point to the picture where it is 7 o'clock.
Point to the pictures where it is night-time.
Point to the pictures where the sun is shining.
Point to the picture where Tom is in America.
Point to the pictures where it is spring.
Point to a glass of wine/ beer.
Point to the Statue of Liberty.
Point to the Eiffel Tower.
Point to your favorite picture.

OX(Maru-Peke) Game・・・・ 教師の英語に〈Yes / No/I don't know〉で答える

★We are going to use the yellow books. Let's do the "Maru-Peke Game". When you hear a sentence,  indicate whether it is true or false.

Tom and Alice in Japan
〈Page 1- English 〉

★ Look at the first picture.
Tom is saying "hello". 〈No. → こんにちは 〉
Tom is raising both hands. 〈Yes. 〉
He is smiling. 〈Yes. 〉
He is in Japan. 〈No.→  in New York 〉
He is wearing a baseball cap. 〈Yes. 〉
There is a star on it. 〈Yes. 〉
He is speaking French. 〈No. → English〉
An airplane is flying behind him. 〈No. → space ship 〉
We can see the Statue of Liberty in this picture. 〈Yes. 〉

Tom and Alice in Animal land A
〈A-1- dog〉

The dog is big. 〈Yes. 〉
It is friendly. 〈Yes. 〉
It likes Tom. 〈No. 〉
Tom is happy. 〈No. 〉
He is waving his arms. 〈No. 〉
He eats bones. 〈Yes. 〉

Guess Which (=Which one)・・・・教師の英語の問に答える

GAME 1. 〈2/3 Cat-Goat〉
Which animal lives in the house?
Which animal has horns?
Which animal eats paper?
Which animal is looking at Alice?
Which animal is a farm animal?

GAME 2. 〈4/5 Horse-Rabbit〉
Which animal is smaller?
Which animal has a cotton tail?
Which animal carries cowboys?
Which animal has a long face?
Which animal can be a pet?

Q&A・・・・ ・・・・・・・・教師の英語の問に答える

〈1. Yes/no questions〉
a. Is Tom speaking English?
b. Is Alice listening?
c. Are they in the city?
d. Is Tom saying hello?
e. Are Tom and Alice friends?

〈2. Either/or questions〉
a. Is Tom speaking English or Japanese?
b. Is Alice speaking or listening?
c. Are they in the city or in the country?
d. Is Tom saying hello or good-bye?
e. Are Tom and Alice friends or enemies?

〈3. Wh-alternative questions〉
a. What language is Tom speaking, English or  Japanese?
b. Who is listening, Tom or Alice?
c. Where are Tom and Alice, in the city or country?
d. Who is saying hello, Tom or Alice?
e. What are Tom and Alice, friends or enemies?

〈4. Wh...questions〉
a. What language is Tom speaking?
b. Who is listening?
c. Where are Tom and Alice?
d. Who is saying hello?
e. What are Tom and Alice?

5. シャドーイング・音読・暗唱・演技

準備中です

シャドーイングとは

英語の音声を聴きながら、音声を追いかけるように(できるだけ即座に)声に出してついていくこと。リスニングやスピーキングの練習になる。

 

シャドーイングの効果

one リスニング(聴く)力が伸びる

two 復唱(くり返して言う)力が伸びる

three 発音速度(調音速度)が伸びる

6. 速写〈Blind Writing〉

小学高学年を対象にブラインドライティング(速写)トレーニングも行います。
パソコンキーボードのキーを見ないで打つブラインドタッチにならって、まねび学園では教科書の文字を見ながら、ノート(Spelling Notebook)の方は見ずに文字をスピーディーに書き写していく超速筆写訓練を始めました。小学5、6年生でも練習次第で、できるようになるものです。中学英語は音読と筆写の反復学習で学び取ることができます。学習の絶対量は速さで決まりますから、読む・書く速さ=実力になるのです。

Blind Writing の効果動画で見るSSTレッスンの実際

  * 書写が正確に速くなる
  * 書くことが好きになる
  * 英語のスペルを自然に覚えられる
  * 集中力がつく
  * 反復学習に絶える下地ができる
  * 姿勢がよくなる
  * 他の科目も書いて覚えるのがらくになる

ページトップへ